かなり前の話ですが、物入りが続いたため、複数の会社からキャッシングを行った結果、返済が困難になったことがあります。色々返済方法を考えてはみたのですが、どうしてもやりくりができず、知り合いの弁護士に依頼して自己破産をしました。当初は任意整理でと考えていたのですが、やはり返済が難しいと思われたため、自己破産に決めました。しかし、この決断に至るまでには相当悩みました。

なぜかといえば、自己破産後はもう借金はできないと思っていたからです。つまり、自己破産によるペナルティが一生つきまとうと考えていたので、その弁護士さんに、もうこれで生涯借金はできませんねと言ったところ、ちょっと意外な顔をされて、そんなことはありませんよと言われました。弁護士さんは続けて、一定の期間はもちろんキャッシングもできないし、カードも作れませんが、その期間が過ぎて、定収入があれば、キャッシングもカードの申し込みも大丈夫ですと言われたため、ちょっと気が軽くなりました。また、官報に掲載される件についても、普通の人はまずそういうのは見ません、見るのは金融機関の人間位で、しかも守秘義務があるから大丈夫だと言われて、心置きなく自己破産に踏み切ることができました。

自己破産の情報が、信用情報から消えるまでは大体7年掛かるといわれています。もう破産後7年以上が経ったので、ある消費者金融で試しにキャッシングを申し込んでみたところ、難なく通ってお金を借りることができ、ちょっと驚きでした。もちろんこれは、仕事をしていて定収入があるのも理由の1つでしょう。でも、実際に使ったのは数千円くらいで、後は手つかずの状態です。そのまま置いておくのも何ですので、そろそろ完済しようかと考えています。

自己破産というのは、いわば借金依存から抜け出す意味もあり、その意味でも、期間が過ぎたからといってむやみに借金するのも考え物です。しかし、やはり場合によっては、少しお金を借りたいとか、カードを新規に作りたいということもありますので、一定期間を過ぎたらまた借り入れることができるというのは、大変ありがたいことです。ただし、注意しておきたいこともあります。これも弁護士さんから言われたことですが、自己破産時に対象になった金融機関やカード会社からは、やはり新規に借り入れることは難しくなるということです。ですから新規にお金を借りる場合には、今まで利用していない所を選ぶのがいいようです。